トイプードルの飼い方で真菌症のお話

§ 12月 28th, 2011 § Filed under 犬のしつけ飼い方を改良 トイプードルの飼い方で真菌症のお話 はコメントを受け付けていません。

トイプードルの飼い方で、かなりまれにしか発症しませんが、犬が罹患すると重症になる4種類の真菌症があります。

これらの真菌症はおもに吸入によって、またときには小さな傷口から伝染し、犬の内臓やその他の組織に広がります。

これらの疾患を発症させる真菌は特定の環境を好む傾向があるため、特定の地域に限られます。ブラストマイコーシスはアメリカ中北部の州、オハイオーミシシッピー川渓谷、中部大西洋岸地域の上中にいる真菌の感染症です。

感染の徴候は、眼疾患、中枢神経系障害、呼吸器疾患、骨・リンパ節・皮膚病変など多数あります。診断は、生検および組織の顕微鏡検査によって行われます。

トイプードルの飼い方で、こういった真菌症の治療は長期の全身的抗真菌剤投与です。

トイプードルのしつけでQ&Aを紹介しています。
トイプードルのしつけ飼い方や性格と特徴を考察してみる。

Comments are closed.