You are currently browsing the 犬のしつけ飼い方を改良 category

犬しつけにおけるハウスやトイレ周りの環境

§ 1月 1st, 2012 § Filed under 犬のしつけ飼い方を改良 犬しつけにおけるハウスやトイレ周りの環境 はコメントを受け付けていません。

犬しつけにおける、ハウスやトイレ周りの環境のお話です。

他人が多く出入りするような部屋には子犬を置くことは感心できませんし、家族が通り歩きするような場所も避けた方がよいでしょう。

ほとんどの小型犬が使用して便利なのがこのサークルですが、使い方を工夫することで、将来部屋の中で放し飼いができるようになります。

使い方としましては、サークルの半分を寝る場所とし、残りのスペースをトイレとして考えます。

寝る場所はカゴなどを利用して、季節に合った敷物を入れてベッドとし、残り半分にトイレシーツや新聞紙を敷くのですが、犬しつけを考え、最初に子犬を入れる時にはサークル内全てに新聞やトイレシーツを敷いておきます。つまり、ベッドは入れません。

チワワのトイレのしつけ方
犬のトイレのしつけ方を熟知しておきましょう。

トイプードルの飼い方で真菌症のお話

§ 12月 28th, 2011 § Filed under 犬のしつけ飼い方を改良 トイプードルの飼い方で真菌症のお話 はコメントを受け付けていません。

トイプードルの飼い方で、かなりまれにしか発症しませんが、犬が罹患すると重症になる4種類の真菌症があります。

これらの真菌症はおもに吸入によって、またときには小さな傷口から伝染し、犬の内臓やその他の組織に広がります。

これらの疾患を発症させる真菌は特定の環境を好む傾向があるため、特定の地域に限られます。ブラストマイコーシスはアメリカ中北部の州、オハイオーミシシッピー川渓谷、中部大西洋岸地域の上中にいる真菌の感染症です。

感染の徴候は、眼疾患、中枢神経系障害、呼吸器疾患、骨・リンパ節・皮膚病変など多数あります。診断は、生検および組織の顕微鏡検査によって行われます。

トイプードルの飼い方で、こういった真菌症の治療は長期の全身的抗真菌剤投与です。

トイプードルのしつけでQ&Aを紹介しています。
トイプードルのしつけ飼い方や性格と特徴を考察してみる。

チワワ飼い方で骨折の注意点です

§ 12月 16th, 2011 § Filed under 犬のしつけ飼い方を改良 チワワ飼い方で骨折の注意点です はコメントを受け付けていません。

チワワ飼い方で骨折の注意点です。

チワワ犬のたくさんの骨のうち、どの骨も骨折する可能性がありますが、やはりいちばん多いのは足や脚部の骨です。

肢を骨折したチワワ犬は安静にさせ、ショックの治療を行い、なるべく動かさないようにします。

大型犬にはストレッチャーの代わりになるようなもの、小型犬には段ボールか板を使って、動物病院に連れて行くあいだ怪我をした肢が動かないように配慮します。

犬には骨折した肢を動かないようにする処置(たとえば添え木)は推奨できません。

このように、犬の飼い方には様々な注意点があります。

チワワのしつけ飼い方や性格と特徴の解説です。
堀川春広犬のしつけに対する評判・口コミ・評価です。