You are currently browsing the うつ病になった心を改良 category

うつ病の治療・接し方・症状とは・死にたいと思うこととは

§ 2月 17th, 2012 § Filed under うつ病になった心を改良 うつ病の治療・接し方・症状とは・死にたいと思うこととは はコメントを受け付けていません。

うつ病の治療・接し方・症状とはつまり、死にたいと思うこととは、うつ病の当事者が「おかしくなった」わけではなく、ただ、その衝動が活動の時期と強さを誤ってしまった、誤作動してしまったと、そう考えられるようになってきました。

子供のうつ病の傾向・症状・原因・治療のケースとしてイメージされたのは次のような状況です。たとえば、ある原始人が家族と共に狩りに出かけ、不幸にも自分が熊に襲われ、かなりの怪我を負ってしまったとします。

うつ病の治療・接し方・症状ではこの状態で、原始人が愛する家族を救うためにとれる行動は、残り少ない自分の命を差し出し、愛する者が逃げるだけの時間を稼ぐことです。だから彼は自らの意思で命をなげうつのです。

下園壮太のうつ改善法の結果や評判について触れてみました。

うつ病の認知療法をおこなうには

§ 10月 28th, 2011 § Filed under うつ病になった心を改良 うつ病の認知療法をおこなうには はコメントを受け付けていません。

うつ病の認知療法をおこなう専門家はたくさんはない為、希望している時は主治医に相談しましょう。

うつ病の認知療法を病院で感じる時、標準的に、1~2週間に1回ぐらいの治療を約3~6ヵ月続けます。

ものの考え方やとらえ方の癖を変える為には、自分の気分は考え方によって変わるものだという事を理解している必要があります。

自分でおこなう事もできます。やり方はさまざまですが、一般的な方法を案内します。この積み重ねによって、考え方のパターンを変えられるのです。

まずは、ひとつのものごとに比べて、自分の考え方が必ずしも正しいとは限らず、ほかにもいろいろな考え方があるという事を分かってほしいのです。

そういった柔軟な考え方ができるようになると、他の考え方をしてみよう、という事になります。その結論、気分が変わる事を体験できれば、他の考え方を探すようになるでしょう。

下園壮太の【うつ病改善プログラム】

確かに会社では、他人に比べて、会社の仕事はしていないかもしれません。しかしその人のトータルの仕事量(精神的作業量)は他の人よりもずっと多いことがあるのです。

すでにその人がうつ状態にあり、三の三乗の傷つきやすさ、疲労しやすさを抱えていると考えられることです。

うつ状態は疲れ果てた状態ですから、日頃難なくできることに、大変エネルギーを使ってしまいます。

たとえば都会であれば、電車で1時間の通勤をし、8時間労働し、2時間酒を飲み、さらにまた1時間電車で帰るというパターンが普通かもしれません。

ところがその人がうつ状態になった場合、電車で1時間の通勤をして会社についた段階ですでに疲れ果てているのです。あとはなんとか時間をつぶすしかありません。

人と会って話をするという日常的な作業さえ、かなりのエネルギーを要するので避けてしまいます。うつ状態とはそういう状態なのです。